ホームNEXT HAUS DESIGNFacebookページプラスワンリビングハウス宇都宮栃木県 土地検索.comマンションリノベーション
2004年10月14日

日刊木材新聞に掲載されました。

041014 日刊木材新聞本日、日刊木材新聞社さん発行の『日刊木材新聞』に、私たちが作った『サンタフェ・スタイル』の事が取り上げられました。

新しいモダンタイプも作りましたが、サンタフェもまだまだ人気です。
ちょっと抜粋してみます。

----- 中村ハウジング(栃木県宇都宮市、中村稔典社長)は、年間約40棟の2×4工法住宅を供給する地域ビルダーで、2年前から「サンタフエスタイル」という南欧風の輸入住宅を商品化している。37.5坪という実際に建てられる規模の住宅で極力広い室内空間をとろうとリビング・ダイニングに工夫を凝らしている。
 床はベタ基礎にテラコッタタイルを直張りし、天井は張らずにディメンションランバーを現しで見せ、1階の高さ3000世箸いΤ放的な空間を実現している。もち論、床には温水式床暖房を、2階床には防振ゴム(←コレは、防音ボード)を施工するなど居住性の確保には配慮している。キッチンキャビネットや収納などには、オリジナルの木製のものを特注で製作して使用しており、ラフな扉の仕上がりとロートアイアンの取っ手の組み合わせ、シンプルな塗装で輸入キッチンのようなテイストをラーチ合板などを表面仕上げ材に使い木目をうまく見せながら使っている。
 腰仮もラーチ合板であるし、玄関の上框は米松平角を使用。和室との仕切りの枠材もディメンションランバー、階投の踏み板も米松平角を割り返したものと既存の構造用の製材や合板をうまく素材として活用しており、建材メーカー品ばかりに慣れた日には非常に新鮮に映る。------

平成16年10月14日発行の日刊木材新聞第15259号より抜粋

う〜ん。色んな建築やさんを取材している記者さんの目で見ても、
新鮮に映るんですね。
改めて、作って良かったな〜と物思いに耽る夜でした。
無料設計相談会&リフォーム相談会

Posted by nexthome at 20:22│Comments(0)TrackBack(0)マスコミ掲載履歴 ブックマークに追加する
RSSAdd to My Yahoo!Add to GoogleSubscribe with livedoor ReaderはてなRSSSubscribe in Bloglines

 

この記事へのトラックバックURL

 
 
このページの上へ▲