ホーム施工ギャラリーFacebookページプラスワンリビングハウス宇都宮栃木県 土地検索.comマンションリノベーション
輸入住宅・リフォームの提案型ショールーム マイホーム・ミュージアム
2008年06月27日

『Re:raku』に掲載されています。

Re:raku01先日取材された宇都宮市岩曽町のS様・Y様のお宅が、6月25日発売の『Re:raku(リラク)』に掲載されています。

Re:raku02680円です。皆さん買って下さいね♪
  

Posted by nexthome at 20:29 │Comments(0)TrackBack(0)マスコミ掲載履歴
このページの上へ▲
2008年06月26日

外構工事完成です♪

【岩曽町モデルハウス】ジョージアン・スタイル

昨年より準備をしていたモデルハウスの外構工事が完成しました♪

モデルハウスの庭ということもあり、モデルガーデンとして仕上げています。既に新築してしまった方でも、ぜひ庭づくりの参考にして下さいね。
  
全文を読む

2008年06月23日

水戸偕楽園

赤羽根(あかばね)です。不動産部の赤羽根 顕(あかばね けん)です。

先日、茨城の海にドライブに行った帰りに日本三名園の一つ「水戸偕楽園」に行ってきました。

ご存知の方もいるかとは思いますが、1842年(天保13年)7 月、水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。文武修行する藩士の休養の場とすると同時に、領民と偕(とも)に楽しむ場にしたいとして「偕楽園」と名づけたそうです。この精神を引き継ぎ、日本三名園では唯一、入園無料です。毎年2月下旬から3月下旬にかけては、「水戸の梅まつり」が開催され、多数の観光客で賑わいます。これから海水浴で茨城にいかれる方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか☆


※先週の新着不動産情報は、No.14474〜No.14487 でした。
  
Posted by nexthome at 21:10 │Comments(0)TrackBack(0)不動産部の赤羽根です。
このページの上へ▲
2008年06月20日

インテリアとしての鏡 Vol.1

関口能典です。輸入住宅のトータルプランナー関口能典(せきぐちよしのり)です。

さて今回は、ショールームにも沢山飾ってある鏡に関するお話です。

インテリアとしての鏡01

インテリアとしての鏡には、室内を2倍に広く見せるという機能に加えて、住む人に自分の姿を意識させ、知らず知らずのうちに身だしなみも良くさせるという効果があります。以前、日本の海軍は英国海軍を模範とし、兵舎には至る所に鏡があったそうです。形を整えることにより心も律した英国の紳士道の伝統ともいえます。

インテリアとしての鏡02おしゃれで有名な、フランソワーズ・モレシャンさんは、和風の家に住んでいたとき、鏡のための場所がないので、柱に細長い鏡を貼り付けて姿見にしていたと聞いたことがあります。ただし、くつろぎの場である居間にふつうの大きな鏡をつけて、終始自分の姿と対面しているのは疲れてしまいます。そこで、鏡の持つなまなましさ、冷たさを和らげる工夫が、とりわけデリケートな感覚を持った日本人には必要です。一つは、鏡そのものを選ぶこと。あまりはっきりと映る普通のものではなく、スモーク、グレイ、うす茶など、かすかに色のかかった鏡がデパートの内装などに使われていますが、これだと、ずっと穏やかな感じになります。
  
全文を読む

Posted by nexthome at 21:19 │Comments(0)TrackBack(0)輸入住宅通信
このページの上へ▲
2008年06月17日

愛情レタス

赤羽根(あかばね)です。不動産部の赤羽根 顕(あかばね けん)です。

先日「父の日」で、久しぶりに実家に行ってきました。実家では、おじいちゃん(78歳)が畑を作っています。父にプレゼントをあげ、庭の前の畑に行き僕が持って帰る野菜をおじいちゃんと一緒に取っていると、見慣れない何の野菜かよくわからない小さな芽が出ていました。

「これ何?」と聞くとそれはレタスでした。これまでレタスは作っていなかったらしいですが、僕は大の野菜好きで夕食では毎日かかさずサラダを食べているので、レタスを毎日食べています。という話を前おじいちゃんにしたのを覚えていたらしく、わざわざ作ってくれていました。おじいちゃんの優しさを改めて感じました。来年も再来年も美味しい野菜をたくさんつくってくれるように、体に気をつけて長生きして欲しいです。


※先週の新着不動産情報は、No.14463〜No.14473 でした。
  
Posted by nexthome at 18:47 │Comments(0)TrackBack(0)不動産部の赤羽根です。
このページの上へ▲
2008年06月15日

アメリカの経済的な平屋建て小住宅 Vol.2

関口能典です。輸入住宅のトータルプランナー関口能典(せきぐちよしのり)です。

前回に引き続きクラフツマン住宅のご紹介です。

アメリカの経済的な平屋建て小住宅03

アメリカの経済的な平屋建て小住宅04ポーチのあるクラフツマン様式やバンガロウ型式の住宅は、常にシンプルな外観と内装を心掛けることで、快適さと味わいの出せるスタイルです。その特色は、住宅全体が大屋根の傘の下に包まれ、通常は平屋、または一部二階付き住宅の、いわゆる小屋裏二階建てで、採光のためにドーマー窓が取り付けられることが多いのです。この屋根の形は、家族全体が一つの屋根の下で仲睦ましく生活を営むという、家族向け住宅のデザインを象徴しています。
  
Posted by nexthome at 15:15 │Comments(0)TrackBack(0)輸入住宅通信
このページの上へ▲
2008年06月14日

宇都宮市竹林町 S様のお宅

080613 宇都宮市竹林町 S様のお宅(1)080613 宇都宮市竹林町 S様のお宅(2)

080613 宇都宮市竹林町 S様のお宅(3)S様邸新築工事、着工致しました。これまでお住まいになられていた二階建てから、平屋建てへの建て替えです。

コの字型の素敵な家になりますよ。
お楽しみに♪
  
Posted by nexthome at 15:51 │Comments(0)TrackBack(0)現在建築中!!
このページの上へ▲
2008年06月12日

『Re:raku』さんに取材されました

『Re:raku』取材01栃木県の人なら誰でも知ってるタウン誌『もんみや』を発行している新朝プレス発行の季刊誌『Re:raku(リラク)』の中のお宅訪問というコーナーで、つい先日完成し見学会も開催した、宇都宮市岩曽町のS様・Y様のお宅を取材して頂きました。

『Re:raku』取材02『Re:raku』取材03

リビング前のオープンデッキは、最高の遊び場。きっといい写真になってますよ。

『Re:raku』取材04『Re:raku』取材05

家族みんなが集まって食卓を囲むって、やっぱり素敵ですね。
S様からは「今最高に幸せです。」とのお言葉が。
詳しくは、今月末(6/25)に発行の『Re:raku』をご覧下さい♪
書店、コンビニで買ってね!
  
Posted by nexthome at 22:22 │Comments(0)TrackBack(0)こんな事ありましたよ。
このページの上へ▲
2008年06月09日

Touch!

赤羽根(あかばね)です。不動産部の赤羽根 顕(あかばね けん)です。

6月2日(月)〜8日(日)までの一週間、日本テレビで「日テレecoウィーク」を行っていました。まずは、Touch!することが大事。番組から「楽しんでエコをする」大切さを教えてもらった気がします!
まずは、ちょっと自分の意識を変えることでエコをすることもたくさんありますので、早速僕もTouchしていきたいと思います。


※先週の新着不動産情報は、No.14445〜No.14462 でした。
  
Posted by nexthome at 22:01 │Comments(0)TrackBack(0)不動産部の赤羽根です。
このページの上へ▲